レディー

お葬式に関して悩みがある方へ|低予算でも葬儀があげられます

大規模な施設の増加

墓地

交通アクセスが重要

団塊の世代の高齢化が進んでおり、今後の霊園の不足が見込まれています。神奈川でも高度成長時代以降の人口増加による生産人口の増加で、霊園不足が顕在化しています。こうした現象に対応するために神奈川では大規模な霊園の開発が行われています。しかしながら霊園にお参りをする時期は集中するために、霊園を選択する際には交通アクセスの状況を確認する必要があります。神奈川の霊園は鉄道の交通アクセスよりも車でのアクセスが重要になっておりますので、お盆やお彼岸の時期にあまり混雑のしない場所を選択することが必要です。神奈川は東京と異なり、鉄道の便利な場所にマンション形式の霊園を設置するケースは少なくなっています。

宗派の自由度がある

日本で墓地を設置しようとすると宗派による制約が大きくなり、立地の選択の幅が狭くなります。その点霊園は一般的に宗派による自由度が大きくなっており、そんな宗派でもお墓を設置することが可能になっています。最近は墓石においても自由に形を選ぶことが可能になっています。従来は縦型が一般的でしたが、最近は横型も多くなっており、墓石に刻む文字も故人を偲ぶ形式を採用するケースが増加しています。霊園の管理も簡素化されており、従来の檀家制度のようなものは無くなっており、年間の維持費用を支払えばよいだけなので利用しやすくなっています。定期的に行う行事についても価格が透明になっているため、事前に見積もりを依頼することも可能となっています。