男の人

お葬式に関して悩みがある方へ|低予算でも葬儀があげられます

少ない予算で葬式を出す

数珠とお花

低予算で営める葬式とは

たまたま経済的に苦しい状態に陥っている時に、大切な家族を失ってしまうことがあります。お金がないから人並みの葬式を出してやることができないと言って嘆き悲しむ人がいますが、立派な葬式を出してやることが全てではありません。高額の費用をかけて立派な葬儀を行わなかったとしても、死者の霊を慰める気持ちを参列者が持ってさえいれば供養に欠けるところは全くありません。大阪で営業している葬儀業者の中には、低予算で営める葬儀プランばかりを数多く用意しているところがあります。具体的には、家族葬プラン・一日葬プラン・直葬プランなどがありますが、少ない費用で心のこもった葬式を営むことができるため、大阪ではとてもたくさんの人に利用されています。

どのような葬式なのか

大阪だけでなく、全国的に家族葬形式で葬儀を営むケースが増加しています。家族葬というのは、簡単に言ってしまうと、少人数で営むこじんまりとした葬儀のことです。亡くなった人の家族を中心に、ごく近い親族や故人と仲が良かった友人・知人だけに声をかけて、少ない人数で最後の見送りをします。儀礼的な弔問客の対応で煩わされる心配がないため、遺族にかかる負担を軽くすることができます。また、参列者の数が少ないので、大きな会場を借りる必要がありません。会場費や接待費を安く済ませることができるため、費用を節約することが可能になります。おまけに、故人と過ごす最後の時間を濃密なものにすることができるというメリットもあるため、大阪では家族葬が大人気になっています。

檀家になっていない場合は

葬儀会場

八尾に住んでいる人が、葬式を執り行うにあたり、来てくれる僧侶のあてがなくて困っている場合は、僧侶派遣サービス業者と提携している葬儀業者を利用するのがおすすめです。幅広い宗派に対応してくれますので、特定のお寺の檀家にもなっていなくても、葬式の体裁をキチンと整えることができます。

もっと知ろう

大規模な施設の増加

墓地

団塊の世代の高齢化が顕著となっており、霊園の不足が顕在化しています。こうしたことへの対応として、神奈川では大規模な霊園の開発が行われておりますが、交通アクセスを考慮して選択することが重要です。霊園は宗派に制約がないので選択肢が広がりますし、維持管理が簡便に行えます。

もっと知ろう

日々お祈りをする仏様

位牌

昔の日本では当たり前のように家に仏壇があり、子供の時から誰に教わったわけではないのに自然と仏壇に向かう作法が出来ました。現代社会では核家族化が進み、仏事を学ぶ機会が薄れています。仏様に手を合わせ、心を落ち着かせることこそ、今の社会に必要なことなのかもしれません。

もっと知ろう